新着情報

 

糀酒まん「糀苑」(こうじえん)の店舗展開

更新日: 2021年07月28日

チャレンジチェンジ


糀酒まん「糀苑」(こうじえん)の店舗展開


冒頭でチャレンジ&チェンジの言葉を提案させて頂きました。コロナ禍の社会で各企業様は売り上げ減少で大変な苦労をよぎなくされております。特に外食産業様に目立つ売り上げアップ方法として鳥の唐揚げでしょうか。タピオカや韓国のチーズハットグなど、あれほど騒がれていた商品がいつの間にか街の中から消えてしまいました。おみやげ品も今は昔の売れていた時代の語り草で御座います。簡単に調理や製造が出来るものはどこに行っても手に入り珍しくはありません。例えば旅行に行っても美味しいお土産になるような品物は専門店に魅力を感じていますので、その土地の旨いと言われているお店は繁盛しております。店で製造している、店の動きは新鮮さを強調させる。


そこで、弊社榊屋株式会社は昔から老舗の家宝と言われている秘伝製法の酒饅頭を2005年平成17年から16年かけて独自で研究しておりました。糀を利用した饅頭ですから何も解らない素人の私には険しい道のりでした。何度となく失敗しては大切な材料を無駄にする事が数えきれない程ありました。失敗してもチャレンジですから諦めずにあの手この手と研究の結果令和3年7月に芳醇な味の酒饅頭の商品化に辿りつく事が出来ました。製品開発のプロジェクトとはこのようなものかと今までに費やした時間にミラクルを感じた次第です。老舗の昔から秘伝として伝えられている、酒饅頭製造技術が弊社の宝となりました。


チャレンジ
弊社は元々和菓子製造業をしておりまして、長年にわたりお世話になっている大切なお得意様が御座います。下野団子は関東圏のJR駅構内《東京駅、上野駅、新宿駅、赤羽駅、渋谷駅その他の駅》で広がって行きました。人気がある故真似する企業が現れてしまいました。売れるまでの方法は今まで無かったものですから、販売方法が分かれば、だんごや大福、どら焼きなどは簡単に製造できる製品です。材料のよし悪しは兎も角、真似の出来ない製品研究にチャレンジして得た秘法技術を用いた製品を販売する店舗のチェーン展開をプロジェクトとして進めて参ります。


真似の出来ない技術で製造した本物の酒饅頭ですが、世の中には偽物を平気で販売する輩が沢山おります。弊社製品は糀で創るので『糀酒まん』《商標登録出願中》、チェーン展開で業務を行なうので店舗の名称を格調高く『糀苑《こうじえん》』《商標登録出願中》に命名致しました。


チェンジ
今までに無い赴(おもむ)きの店舗創りを目指します。技術的な製品の製造は弊社におまかせ、セイロで温めるだけの簡単作業です。糀はそもそも体に優しい健康食品で御座います。味噌、醤油、あま酒、どぶろく、味噌漬け、魚介類粕漬、塩こうじその他の製品を開発し生活に密着した製品の販売店を目指します。


『糀酒まん』は弊社で製造した製品を冷凍で物流しチェーン店の店先で蒸かしながら販売していただく販売方式、店内にカフェ等を設けてお客様の語らいの出来る楽しい場所とする、あま酒その他のメニューで季節を感じさせる具材を使用した、みそ汁などでお客様を集める、加盟店の希少価値を高めるのが狙いで隣接した店舗は増やさない、一県に二店舗程度として加盟店の希少価値を高める事に努力する。


糀苑 営業本部 榊屋株式会社内 
〒323-0827
栃木県小山市大字神鳥谷878-3
TEL 0285-25-0505  fax0285-24-0501
info@sakakiya.jp

営業 鈴木とし子 加藤英寿